インターンシップニュース
 インターンシップニュース

2023年卒のインターンシップ先を選ぶ基準は「志望業界である」が82.3%で最多―学情調査

業界動向
就職関連
ボランティア
農林水産
ベンチャー
経済以外
海外
その他
インターンシップ 新着30件






























東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10
特集
お問い合わせ



2023年卒のインターンシップ先を選ぶ基準は「志望業界である」が82.3%で最多―学情調査

このエントリーをはてなブックマークに追加




株式会社学情は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施した。
インターンシップ参加を通して、就職活動を有利に進めたいと考えている学生が多い
今回は、「希望するインターンシップ」に関して調査した。その結果、インターンシップ先を選ぶ基準は、「志望業界である」が82.3%で最多だった。

次いで、「インターンシップの内容が面白そう」61.8%、「入社したい企業である」56.7%、「インターンシップ参加により、その後の選考などで優遇される」56.8%と続いた。

インターン

「就職活動のために情報収集をしたい」「仕事体験や、実際に働く社員との交流を通して、志望理由を作りたい」「就職活動を有利に進めるために、志望業界や志望企業の仕事を体験したい」という声が挙がっている。

同社では、インターンシップ参加を通して、就職活動を有利に進めたいと考えている学生が多いと推察している。

▼詳しくはこちらを参照。
https://service.gakujo.ne.jp/1914393

■調査概要
・調査対象:「あさがくナビ2023(ダイレクトリクルーティングサイト会員数No.1)」へのサイト来訪者
・調査方法:Web上でのアンケート
・調査期間:4月13日~4月21日
・有効回答数:458名             (慶尾六郎)


Amazon.co.jp : インターン に関連する商品



  • 就職活動に、不安を感じている学生が約8割―学情調査(5月15日)
  • 中高生向けインターンシッププログラム「THINK FLAT CAMP –次世代リーダー成長支援プログラム U-18–」、今夏に開催(5月7日)
  • フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、無料ファシリテーション研修、「次世代リーダー教育インターンシッププログラム」参加者の募集開始(4月29日)
  • 約7割の学生が、「ジョブ型採用」に興味があると回答―学情調査(4月23日)
  • 障害のある学生の約9割が、現状のインターンに課題ありと回答―KindAgent調査より(4月16日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->