インターンシップニュース
 インターンシップニュース

約6割が「学生生活で、将来を考えるきっかけとなる出会いや経験があった」と回答―学情調査より

業界動向
就職関連
ボランティア
農林水産
ベンチャー
経済以外
海外
その他
インターンシップ 新着30件






























東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



約6割が「学生生活で、将来を考えるきっかけとなる出会いや経験があった」と回答―学情調査より

このエントリーをはてなブックマークに追加




株式会社学情は、2024年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、インターネットアンケートを実施。今回は、「学生生活での体験」に関して調査した。

「希望する進路や将来就きたい仕事が決まっている」と回答した学生は約半数
「学生生活で、進路や将来を考えるきっかけとなる出会いがあった」と回答した学生は、31.2%だった。

インターン

「どちらかと言えばあった」30.9%を合わせると、約6割の学生が、学生生活において、進路や将来を考えるきっかけとなる出会いを得ていることが分かる。

また、「希望する進路や将来就きたい仕事」について、「決まっている」「どちらかと言えば決まっている」と回答した学生は53.2%だった。「決まっていない」「どちらかと言えば決まっていない」と回答した学生は27.2%となっている。

■調査概要
・調査期間:10月21日~11月8日
・調査機関:株式会社学情
・調査対象:「あさがくナビ2024(ダイレクトリクルーティング
      サイト会員数No.1)」へのサイト来訪者
・有効回答数:430件
・調査方法:Web上でのアンケート調査

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : インターン に関連する商品



  • 選考に参加したい企業数は、「10社以下」が6割に迫る―学情調べ(2月18日)
  • アイザックが、学生インターンの年間給与150万円以上で、一律30万円を支給へ(2月13日)
  • 「フルリモート」や「居住地自由」の企業は志望度が上がる、と回答した学生が6割超―学情調査(2月6日)
  • 【2025年卒 インターンシップの実態調査】約半数の学生が、1~5社の企業インターンシップに参加―ワンキャリア調べ(2月2日)
  • システムアイが、50〜60代のベテランを対象とした「シニア・インターン」開始! (1月28日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->