インターンシップニュース
 インターンシップニュース

24年卒の就活生の80%以上が、SNSで企業情報を収集-リソースクリエイション調べ

業界動向
就職関連
ボランティア
農林水産
ベンチャー
経済以外
海外
その他
インターンシップ 新着30件






























東北地方太平洋沖地震の寄付サイト一覧
ジャストギビング(マッチング寄付)
Yahoo! 基金
GROUPON(マッチング寄付)
T-SITE(Tポイント)
mixi
GREE
モバゲータウン
アメーバピグ
記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



24年卒の就活生の80%以上が、SNSで企業情報を収集-リソースクリエイション調べ

このエントリーをはてなブックマークに追加




次世代の採用手法を提供する株式会社リソースクリエイションは、就職活動中の学生584名を対象に、「コロナ禍におけるSNS就活についての実態調査」を実施した。

SNSを活用する学生が80.5%で多数派
この調査で、「SNSで社名を検索しましたか?」という質問に対し、80.5%が検索したと回答した。

インターン

内訳は、Instagramが64.9%、TikTokが24.8%、Twitterが24.7%となった。就職活動をする際に、情報収集の一貫として、SNSを活用する学生が多数派だということが分かった。

昨年の同データでは、74.8%と約5%アップしており、年々就職活動において、SNSの利用が主流になってきているようだ。

また、社名を検索するSNSの1位がInstagramになっている理由としては、就活生が一番知りたい社員の雰囲気を、画像や動画を通して伝えることができるからだと、同社では考えている。

さらに、同社によると、SNS就活を行う理由として、コロナ禍により、就活生が社員と交流する機会が減少したことや、一度も会社に行くことなく入社に至るなど、先輩たちの実態を目の当たりにしていることが、背景として考えられるという。

■調査概要
【調査対象】2023年卒の584名
【調査期間】3月7日〜8月25日
【調査方法】Web上でのアンケート

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : インターン に関連する商品



  • 就活生が選ぶ「キャリアステップが多様な企業」1位は、アクセンチュアー揚羽調べ(11月28日)
  • 約6割が「学生生活で、将来を考えるきっかけとなる出会いや経験があった」と回答―学情調査より(11月19日)
  • アローズコーポレーションが、営業の仕事の要「ヒアリング」を体験できる、24卒学生向けインターンシップを開催(11月13日)
  • 24年卒学生、9月時点でインターンシップ等の参加割合は約7割―就職みらい研究所調べ(11月7日)
  • 新卒採用、3月1日より前に「内定出し開始予定」の企業が43%―ジェイック調べ(11月4日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->